/

デフレ・円高脱却へ「断固たる決意」 首相所信表明

(更新)

第183通常国会が28日召集された。安倍晋三首相は午後の衆院本会議で、2度目の就任後初の所信表明演説に臨んだ。デフレ脱却や円高是正に向けて「これまでとは次元の違う大胆な政策を提示する」と表明。政府・日銀の一段の緊密な連携とあわせ「断固たる決意で強い経済を取り戻す」と訴えた。アルジェリア人質事件を受け、危機管理に「24時間・365日体制でさらなる緊張感をもって対処する」と強調した。

首相は経済再生を「最大かつ喫緊の課題」と位置づけ、大胆な金融政策と機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の「3本の矢」を進める考えを改めて示した。当面の景気を下支えするため、緊急経済対策の裏付けとなる2012年度補正予算案の早期成立への協力を呼びかけた。

先にまとめた日銀との共同声明に盛り込んだ2%の物価上昇率目標の早期実現をめざすと力説。「政府と日銀がそれぞれの責任で声明の内容をきちんと実行していくことが重要だ」と訴えた。

外交・安全保障の基軸となる日米同盟の強化に向け、2月下旬に予定する日米首脳会談を通じて「緊密な日米同盟の復活を内外に示していく決意だ」と強調。沖縄県の米軍普天間基地の移設問題では、沖縄の負担軽減に取り組む考えを示した。

首相はこの後の参院本会議でも所信表明演説をする。

衆参両院は28日のそれぞれの本会議で、アルジェリア人質事件の犠牲者に黙とうをささげた。平田健二参院議長は「日本人を含む多くの方が犠牲となり、痛恨の至りだ。断じて許し難い」と哀悼の意を表明した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン