/

広島県、県産レモンを「とんかつ和幸」に54トン提供

広島県の仲介で、全国でとんかつチェーン「とんかつ和幸」を展開する和幸商事(川崎市)で県産レモンの利用が始まった。JA広島果実連が和幸商事と契約し、1年間で54トンの広島県産レモンを試験供給する。県産レモンの業務用の出荷はほとんど実績がなく、外食企業との連携を通じて販売促進につなげる考えだ。

従来、輸入レモンを使用していた和幸商事は、契約期間中は全量を広島県産レモンに切り替える。対象は「とんかつ和幸」の全国265店舗。エビフライやカキフライを盛り込んだメニューなどでレモンを添えて使用する。鮮度がよくなるほか、香りなどが利点となるという。

県産レモンの出荷時期は通常10月から翌年5月まで。JA広島果実連が新たに長期貯蔵が可能な技術を導入したことから、夏場の出荷が可能となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン