/

この記事は会員限定です

輸入小麦、1年半ぶり高値 豪州不作や円安傾向が影響

[有料会員限定]

小麦の輸入価格が上昇している。政府の買い付け価格は1年半ぶり高値になった。輸入量の2割を占めるオーストラリア産の干ばつによる不作や為替の円安・ドル高傾向が影響した。政府から製粉会社への販売価格も4月から上がる公算が大きい。小麦粉の値上げにつながる可能性が出てきた。

小麦は国内需要の9割を輸入品が占め、貿易を政府が管理する。米国産が6割で残りを豪州とカナダで占める。食料用は農林水産省が商社から入札...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り639文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン