日比谷花壇、愛妻弁当に花をアレンジ 妻への感謝表す

2013/1/17付
保存
共有
印刷
その他

愛妻弁当に花を詰めて感謝の思いを――。日比谷花壇(東京・港)は1月31日の「愛妻の日」にちなみ、顧客が持ち込んだ空の弁当箱に生花を敷き詰めてアレンジする有料サービスを始める。昼弁当を作った妻に感謝の気持ちを伝えるプレゼント商品として男性客に売り込む。

日比谷公園店で24日から31日までの平日に受け付ける。1日5人限定。利用者は午後0時半~2時半に食べ終えて洗った弁当箱を店頭に預ける。午後5~7時に再び来店し、花をアレンジした弁当箱を受け取る。価格は1500円。弁当箱のサイズによっては別料金がかかる。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]