/

コープこうべ、ネットスーパーに参入 西神南店を拠点に

生活協同組合コープこうべ(神戸市)はインターネットスーパー事業に参入した。まず神戸市内の1店舗を拠点に近隣の消費者の自宅に食品などを、1日2便で届ける。店舗と宅配に続く柱に育て、30~40代の顧客を増やす狙いだ。

神戸市西区の西神南店を拠点に15日から配達を始めた。専用サイトで注文を受け、店舗従業員が商品を売り場で選び、梱包・出荷する。注文は24時間受け付けるが、午前9時30分、正午の1日2回締め切り、それぞれ正午から午後3時、午後3時から午後6時の間に届ける。5000円以上の購入で配達料(315円)を無料にする。

生鮮食品や日配品、加工食品、雑貨まで約3000品目が対象で、約5000品目まで増やす。常温、冷蔵、冷凍で配達する。システム改修など当初の投資額は約2300万円。配達手数料が無料の月額会費制も導入する予定だ。

生協ではコープネット事業連合(さいたま市)など2生協がネットスーパーを手がけるが、西日本は初めて。まず西神南店で初年度6500万円を売り上げる計画で、対応できる店舗を2~3年内に4~5店に拡大する。5~6年後に20店舗、年商20億円を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン