/

この記事は会員限定です

知的障害者が看護アシスト 国立がんセンター東病院

[有料会員限定]

国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)の障害者雇用の取り組みが注目を集めている。同院では知的障害者が注射針の準備などで看護業務を補助。障害者が病院で医療に関わる仕事をするのは前例がない。来年度から障害者雇用率が引き上げられることもあり、厚生労働省は「ほかの医療機関も参考にしてほしい」としている。

「袋が破けて注射器が空気感染していないか、一つずつ確認します」。知的障害を持つ芝岡亜衣子さん(30)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り756文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン