2018年1月19日(金)

富士通ゼの純利益最高、アジア好調で為替差益寄与 13年3月期

2013/1/25付
保存
共有
印刷
その他

 富士通ゼネラルは25日、2013年3月期の連結純利益が前期比93%増の100億円となりそうだと発表した。為替差益の拡大で従来予想を10億円上回り、過去最高を更新する。主力の空調機は欧州が財政危機の影響で大きく落ち込むが、中東やアジアなど他地域が伸びて補う。

 売上高は微減の2035億円と従来予想を変えていない。空調機は欧州で「底打ちの兆しが少し見えてきた」(庭山弘専務)が、上期の不振が響き3割減と落ち込む。建設プロジェクト向けが好調な中東が8%増、ビル用のマルチエアコンが好調な中国を含むその他地域が10%増となり、全体で5%減にとどまる。

 営業利益は13%増の150億円。空調機は全量をタイと中国で生産。日本に輸入した後、各地域に輸出しており、「1円の円安が3億円程度の営業利益の悪化要因」(庭山専務)になる。足元の円安進行が23億円の減益要因となるが、日本に輸入する際の為替ヘッジ取引から為替差益が発生。経常利益は68%増の165億円と従来予想を20億円上回る。

 同日発表した12年4~12月期の純利益は前年同期に比べ2.8倍の60億円だった。空調機の在庫削減を優先したこともあり、売上高は7%減の1326億円、営業利益は21%減の63億円だった。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

富士通ゼネラル純利益庭山弘従来予想



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報