2019年1月21日(月)

海老名駅西口再開発、総事業費54億円 15年秋まちびらき

2013/1/7付
保存
共有
印刷
その他

神奈川県海老名市のJR海老名駅西口の再開発が本格的に動き出す。市は7日、土地区画整理組合の設立が認可を受け、2月に造成工事に着手すると発表した。区域は14.1ヘクタールで、組合の総事業費は54億500万円にのぼる。中核となる大規模商業施設として三井不動産が「ららぽーと」の進出を計画している。田畑が広がっていた西口がにぎわいの拠点となりそうだ。

再開発を主導するのは「海老名駅西口土地区画整理組合」で、昨年末に設立認可を受けて市街化区域に編入された。大規模商業施設のほか、商業・業務と住宅の複合施設、マンション、戸建て住宅などを整備する計画だ。計画人口は3000人。

大規模商業施設は2015年秋ごろのオープン予定で、それに合わせてまちびらきとなる。組合に対して海老名市は21億9500万円を助成し、市が単独で道路や駅前広場などを整備する計画だ。

東口と再開発区域を結ぶ連絡通路も市が整備する。総事業費は約36億円で、まず小田急電鉄・相模鉄道線とJR線の駅舎間の自由通路の整備に今春、着手する。動く歩道や蓄電池付きの太陽光発電システムなども設置する計画だ。15年3月に工事が完成する予定という。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報