寿命100年の水道管、生産能力を倍増 クボタ

2013/1/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

クボタは2013年半ば、製品寿命が従来の2倍以上の約100年という鋳鉄製水道管の生産能力を2倍にする。東日本大震災でも被害がなかった耐震性能の高さなどが特徴。国土交通省によると、国内の水道管総延長60万キロメートルの約3割が敷設からの年数が法定耐用年数(40年)を超え、耐震化率も約3割にとどまる。今後本格化する更新需要を取り込む。

水道管は材料によって鋳鉄製や塩化ビニールなどに分かれる。鋳鉄製の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]