故障箇所を磁場で探知 ソフト開発のIGI

2013/1/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトウエアなどの研究開発を手がけるIGI合同会社(神戸市、木村憲明代表)は電子機器などの故障箇所を画像診断できる装置を開発した。半導体センサーでプリント基板や電子回路の表面に流れる磁場を測り、測定データを独自開発したソフトで解析して故障箇所を映像化する。1月下旬から大手電機メーカーなどに販売する。

同装置は箱形で、対象物を中に入れて計測する。価格は1台3千万円程…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]