故石岡瑛子さん、米アカデミー賞候補に 衣装デザイン賞

2013/1/11付
保存
共有
印刷
その他

米映画芸術科学アカデミーは10日、第85回アカデミー賞のノミネート作品を発表した。衣装デザイン賞の候補に、映画「白雪姫と鏡の女王」で衣装を担当し、昨年1月に73歳で死去した石岡瑛子さんが選ばれた。発表・授賞式は2月24日(日本時間25日)に開かれる。

スティーブン・スピルバーグ監督の「リンカーン」が作品賞のほか、監督賞や主演男優賞など最多の12部門でノミネート。作品賞候補は、トム・フーパー監督のミュージカル映画「レ・ミゼラブル」、ベン・アフレック監督の「アルゴ」など計9作品が入った。

石岡さんは1993年に、フランシス・コッポラ監督の「ドラキュラ」で衣装デザイン賞を受賞。音楽アルバムのジャケットデザインでグラミー賞も受賞した。

長編アニメ賞候補の選考対象になっていた宮崎吾朗監督「コクリコ坂から」と今掛勇監督「神秘の法」はいずれも選ばれなかった。(ロサンゼルス=共同)

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]