速報 > 人事 > 記事

(新社長)EMIミュージック社長に小池氏 ユニバーサルと兼務

2012/12/26付
保存
共有
印刷
その他

音楽ソフト大手のEMIミュージック・ジャパンはユニバーサルミュージックの小池一彦社長(59)を来年1月15日付で社長に招く人事を固めた。10月にユニバーサルの親会社が英EMIのCD・レコード部門を買収したのに伴う人事で、小池氏はユニバーサルミュージック社長を兼務する。国内2法人の経営を事実上一本化し機動性を高める狙い。

EMIミュージック・ジャパンの社長職は現在空席で、これまで代表権のある行方均会長(61)が経営のかじ取りを担ってきた。同日付で行方会長は退任しユニバーサルミュージックの副社長に就任する。仏メディア大手ビベンディ傘下のユニバーサルミュージック・グループは国内2法人を来年4月をめどに統合する方針。

小池 一彦氏(こいけ・かずひこ)77年(昭52年)慶大法卒、ポリドール(現ユニバーサルミュージック)入社。04年取締役、07年社長兼最高執行責任者(COO)、09年に社長兼最高経営責任者(CEO)。東京都出身。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]