お年玉で育てる 「使い上手・ため上手」な子

(3/3ページ)
2012/12/29 7:15
保存
共有
印刷
その他

大切なのは、お金の使い方をお年玉をもらった後も子に意識させ続けること。その意味でお年玉を機に、定期的な小遣いを渡し始めるのは一つの方法だろう。「欲しい時に必要額を渡す」「欲しい物を買ってあげる」ようなやり方では、お金をやりくりする力は身につかない。「少額でも定期的な小遣いこそ一番優れた金銭教育の手段」(鈴木さん)になる。

お金の使い方を身に付けるということは、日々の暮らしや働く意味を理解することでもある。FPの豊田さんは、子どもにお金の使い方が身についたと判断した時点で「食費や家賃など家計についての家族会議を開き、子どもも参加させてみては」と話す。

来年のお年玉は、我が家の金銭教育事始め。じっくり子どもにお金の使い方を学ばせるきっかけにしてみてはいかがだろう。(高田倫志)

[日本経済新聞夕刊2012年12月25日付]

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
保存
共有
印刷
その他

週末マネー講座アンケート 結果と読者コメント

あなたの家計を変えるヒント マネーのコラムで探る

ライフ「暮らしの知恵」「年末年始 お役立ち」「みんなの節約術」から

関連キーワード

電子版トップ



[PR]