/

この記事は会員限定です

官民の中小再生ファンド

[有料会員限定]

東京都民銀行など都内の地域金融機関と独立行政法人の中小企業基盤整備機構は月内に、官民型の中小企業再生ファンドを立ち上げる。総額25億円のうち、機構が半分を出資する。残りは都民銀、八千代銀行、東京スター銀行のほか、7つの信用金庫と新銀行東京が出資する。ファンドは事業再生専門のリサ・パートナーズが運営する。

来年3月末の中小企業金融円滑化法の期限切れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り175文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン