/

JR浦和駅、来春もっと便利に 横浜へ直通55分

東日本旅客鉄道(JR東日本)はダイヤ改正する2013年3月16日から浦和駅に湘南新宿ラインを停車させる。新宿、横浜方面へのアクセスが改善し、横浜駅まで日中時間帯であれば約55分で結ぶ。さらに暫定開通していた駅の東西自由通路が本格的に開通するなど利便性が高まる。新宿、横浜から人の流入が期待できるほか、駅で分断されがちだった人の流れがより活性化しそうだ。

朝と夕の通勤時間帯にそれぞれ1本ずつ、湘南新宿ラインを増発することも決めた。浦和駅には増発分を含め、上下全134本の列車が停車する。宇都宮線の西側部分にある東北貨物線に旅客ホームを新設し、湘南新宿ライン用として使う。

湘南新宿ラインの走る東北貨物線は貨物列車専用として設けられたため、浦和駅にはホームが設置されていなかった。これまで浦和から新宿方面に行くには赤羽駅で、埼京線や湘南新宿ラインに乗り換える必要があった。

横浜方面に行く場合は上野や東京駅で乗り換えが必要だ。京浜東北線であれば乗り換えは不要だが、より時間がかかり不便だった。

湘南新宿ラインの停車や駅の東西自由通路の本格開通は地域の活性化につながりそうだ。西口駅前に伊勢丹浦和店を構える三越伊勢丹ホールディングスは「(客足が増えることを)非常に期待している。自由通路が3月に完成することもあり、周辺の商業施設全体が歓迎ムードだ」と話す。

浦和駅は住宅地として県内で人気がもともと高く、さらに好影響を与えそうだ。宇都宮線の東京駅乗り入れも決まっており、不動産鑑定士の斎藤雅一氏は「従来にも増して需要が上向くだろう。景気の不安要因はあるが、当面は浦和の住宅需要は堅調が続く」とみる。

JR東は来春以降、高架化を完成させた線路の下に大型商業施設の「アトレ」を設けたり、西口に駅ビルを新たに建設したりする方針だ。利用者の利便性向上が期待される一方で、駅を含めた周辺地域の商業施設全体を活性化させる工夫も必要になりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン