/

この記事は会員限定です

コンビニ「敵はアマゾン」 店を飛び出し消費者へ

「待っているだけでは…」宅配に商機

[有料会員限定]

「クリスマスケーキの予約はいかがですか」。12月上旬、サークルKサンクスの弥富平島中店(愛知県弥富市)のオーナー、岡村智由氏は従業員とともに店舗周辺の住宅を訪ね、年末年始の季節商品を紹介していた。

戸別訪問を実施

サークルKサンクスは「フィールドワーク」と呼ぶ活動を強化している。店で待っているだけでなく、人海戦術で顧客をつかもうとの戦略だ。全6千店のうち4割の店舗が戸別訪問を実施。弥富平島中店では主婦の要望を受け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1205文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン