/

この記事は会員限定です

広島駅ビルの建て替え検討 JR西・広島支社長が表明

[有料会員限定]

JR広島駅に直結する広島電鉄の新線計画に関連し、西日本旅客鉄道(JR西日本)は高架方式での乗り入れを条件に、駅ビル「アッセ」の建て替えを検討する方針を明らかにした。乗り入れ方式は広島市が中心に検討中で、高架は地下式とともに候補の一つ。乗り換えの利便性の向上を通じたターミナル機能の強化を狙う。

JR西日本の杉木孝行広島支社長が日本経済新聞のインタビューで明らかにした。高架方式の新線の場合、既存ビルの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り682文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン