/

この記事は会員限定です

停滞する除染作業、汚染土仮置き場確保に難航

東北 明日へ挑む 復興工事は今(5)

[有料会員限定]

「ずっと置くとは思っていなかった。ちょっと置かせてくれという話だった」。東京電力福島第1原子力発電所事故で全村避難が続く福島県飯舘村。機械部品加工の三坂製作所を営む三坂一さん(63)は、事業所の除染作業で発生した汚染土を敷地内で一時保管する。建設会社が除染作業を実施したのは7月上旬。既に5カ月が過ぎた。

自宅や作業場周辺の放射線量は毎時0.7マイクロシーベルト前後だが、庭先に積まれた汚染土が発す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1032文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン