/

この記事は会員限定です

成田の利用制限、国交省が緩和案 着陸料倍増し地元に還元

[有料会員限定]

国土交通省は14日、騒音対策を目的とした成田空港の深夜・早朝の離着陸制限を緩和する案を、地元の9つの自治体に提案した。悪天候で到着が遅れた場合などに、現在は離着陸できない午前5時台や午後11時台の利用を認める。航空会社からは通常より高い着陸料を徴収し、上乗せ分を地元の騒音対策に充てる。地元の理解を得た上で、早ければ2013年2月の導入を目指すという。

国交省の担当者が成田市役所を訪れ、具体的な案...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン