/

この記事は会員限定です

防潮堤、復旧に時間 安全・景観巡り住民とズレ

東北 明日へ挑む 復興工事は今(2)

[有料会員限定]

東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市。津波により「奇跡の一本松」を残し約7万本あった松が流失した高田地区海岸では、ダンプカーが海中に石などを投じている。破壊された防潮堤に代わり、2015年度完成を目指す新たな防潮堤の工事現場に海水が入らないよう締め切る工事が進められている。

職員数が不足

新たな防潮堤は長さ約2キロで、海側と陸側に最大約100メートル離して2本設ける。陸側の高さは震災前の2倍以上とな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1161文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン