2019年2月22日(金)

京大、iPS細胞の培養法確立 動物成分使わず

2012/12/11付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都大学iPS細胞研究所(山中伸弥所長)の中川誠人講師らは、患者を対象に再生医療を実施する際に使うiPS細胞の培養法を確立した。動物の成分を使わない安全な手法で、高効率に培養できる。この手法に必要な材料を、国内の企業が数年内に製品化する予定だ。「京大方式」として世界に広めてデファクトスタンダード(事実上の標準)を目指す。

様々な細胞に成長できるiPS細胞は、病気やけがなどで損なわれた臓器などの機…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報