/

この記事は会員限定です

復興住宅、着工5%どまり スピード・高齢化対策が鍵

東北 明日へ挑む 復興工事は今(1)

[有料会員限定]

東日本大震災から11日で1年9カ月。新しい街を造ろうと被災地が奮闘している。復興事業の前には様々な壁が立ちはだかり、工事の進捗は当初の想定より遅れることが多い。現場はどんな知恵で未経験の事態を乗り越えようとしているのか。ようやく進み始めた復興工事の現状を探る。

旧新日本製鉄の企業城下町として栄えた岩手県釜石市。運動公園のテニスコート跡地で災害公営住宅の建設が始まった。2台のクレーンが青色の板を持ち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1384文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン