/

この記事は会員限定です

TPPは「商機」果敢に攻め 中小、海外で腕試し

[有料会員限定]

4日に公示された衆院選では環太平洋経済連携協定(TPP)への参加の是非が争点の一つだ。国論が二分するなか、首都圏の有力な中小製造事業者や農業生産者はTPPを商機ととらえる向きが多い。貿易自由化の流れの中で果敢に海外戦略を打ち出そうとする経営者の姿に、地場産業振興の糸口が垣間見える。

「世界でどれだけ当社の技術が通用するか試してみたい」。金属加工業、浜野製作所(東京・墨田)の浜野慶一社長は衆院選後...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1559文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン