/

この記事は会員限定です

地銀、不良債権処理急ぐ 4~9月5割増

[有料会員限定]

全国の地方銀行で2012年4~9月期に処理した不良債権の額が前年同期比で約5割増えたことが分かった。来年3月末の中小企業金融円滑化法の期限切れを前に、大手地銀を中心に中小企業向け貸し出しに対する貸倒引当金を予防的に積み増す動きが広がっている。

上場地銀・第二地銀84行・グループで、貸倒引当金の繰り入れなど不良債権処理にかかった額は1100億円となり、前年同期の700億円から大幅に増えた。大口融資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り536文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン