/

この記事は会員限定です

日本セラミック、フィリピン工場で磁気センサー生産

[有料会員限定]

日本セラミックはフィリピンでスマートメーター(次世代電力計)の部品となる磁気センサーの生産を始める。約40億円を投じて工場敷地内に新棟を建設。2013年夏の稼働を目指す。電力各社が本格導入を計画しているスマートメーターは今後、市場規模が飛躍的に拡大するとみられており、同社ではこれに対応した生産体制を整える。

スマートメーター向け磁気センサーはフィリピン・ルソン島スービック地区にある現地子会社、ニッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン