/

この記事は会員限定です

酒類販売、世界で逆風 WHOが消費削減目標

[有料会員限定]

【ジュネーブ=原克彦】世界で酒類の販売に逆風が強まっている。世界保健機関(WHO)はアルコールによる健康被害を減らすため、加盟各国の消費量1割削減など数値目標を設ける。ロシアは販売規制の対象品目を増やし、フランスは財政再建に向けてビールの酒税を大幅に引き上げる方針だ。今後、酒類大手の収益を圧迫する要因となりそうだ。

WHOはがんや心疾患など「非感染症」の予防策として、喫煙者や運動不足の人を減らす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り657文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン