/

この記事は会員限定です

省エネ・薄型化でリード 九州半導体の底力(中)

三菱電機パワーデバイス製作所

[有料会員限定]

電気の流れをきめ細かく調整、ハイブリッド車(HV)やロボットなどのモーター回転を無駄なく制御して消費電力を減らすために不可欠な「パワー半導体」。その世界大手である三菱電機の中核拠点、パワーデバイス製作所(福岡市西区)は本格的な省エネ時代を迎え、活況を呈している。

パワー半導体は、CPU(中央演算処理装置)やメモリーなどと異なり、電圧や周波数を調整したり、交流を直流に変換したりして、電力を安定的に供...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1059文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン