2019年6月27日(木)

高南食品と高知県立大、食物繊維多い災害食開発

2012/11/22付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高南食品(高知市)は高知県立大学(高知市)と食物繊維を多く含むレトルトパックの災害食を共同開発した。東日本大震災の際、避難所で野菜などの食物繊維不足で便秘に悩まされた人が多かったのを踏まえた。火や電気を使わず温めて食べられる。南海トラフ地震に備えた災害食として来年春に商品化、自治体や個人向けに販売する。

高知県立大健康栄養学部の佐藤厚教授(保健学)の研究グループと共同開発し、「土佐発ベジカレー」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報