/

この記事は会員限定です

寄付金で新スタジアム G大阪、新モデルに挑む

[有料会員限定]

J1のG大阪がピッチの外で画期的な試みに挑んでいる。建設資金の大半を寄付金で賄う新スタジアムの建設だ。多くのクラブが公設の施設を本拠とする中、民間資金が主要財源の「民設」はスタジアム建設の新たなモデルになるか。

新スタジアムはいまのホームである万博記念競技場(1972年完成)と同じ万博記念公園(大阪府吹田市)内に建設、2015年開幕前の完成を予定している。収容人員は現在の2倍近い4万人。万博競技場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1084文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン