/

この記事は会員限定です

兼松、インドネシアで食品加工 日系コンビニ向け

[有料会員限定]

兼松はインドネシアで食品加工事業を始める。現地食品大手と合弁会社を設立し、総菜や弁当など最大40品目を生産できる工場を建設する。インドネシアは日系のコンビニエンスストアの進出が相次ぐ一方、日本式の商品を開発・生産できる工場がなかった。兼松の工場は原料調達から商品開発、製造までを一括で請け負う機能を備え、最大1千店に商品を供給する計画だ。

兼松グループが60%、現地食品加工大手チモリーグループが4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り398文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン