/

利根コカ・コーラ、千葉県に寄付できる自販機 子育て支援策に

清涼飲料販売の利根コカ・コーラボトリング(千葉県野田市)は年内にも、売り上げの一部を千葉県への寄付に充てる自動販売機の設置を始める。寄付金は千葉県が公共施設への授乳室やおむつ替えベッド設置などに使う計画だ。子育て家庭への支援を通じて企業のイメージを上げ、同社の自販機の設置者増につなげる。

専用自販機は白地に千葉県のマスコットキャラクター「チーバくん」を描いた=写真はイメージ。売り上げの1~2%を子育て家庭を支援する県の基金「千葉県安心こども基金」に寄付する。

千葉県内にある店舗や施設を中心に設置を進める計画だ。取り組みの期限などは特に設けておらず「継続性があるのが特長の一つ」(県少子化対策室子育て支援班)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン