速報 > 地域ニュース > 東京 > 記事

三井不動産レジデンシャル、晴海の都有地を90億円で取得

2012/11/19付
共有
保存
印刷
その他

 三井不動産レジデンシャルは東京都中央区晴海2丁目の都有地(8800平方メートル)を90億円強で取得した。すでに東側の約1万200平方メートルの土地も企業から購入済み。同社は開発計画は未定としているが、合計1万9000平方メートルの土地を一体的に開発し、大型タワーマンションを建てる可能性がある。

 都が10月末に実施した一般競争入札で、同社が土地を落札した。落札額は90億3500万円(最低売却価格は70億6600万円)だった。東側の隣接地は2010年に太平洋セメントから80億円で購入済み。タワーマンションの建物の概要や完成時期などは未定だ。

 東京湾岸の晴海地区は昭和初期に完成した埋め立て地だが、港湾施設や工場の撤退が相次いだ。都や中央区は将来的に約3万人が晴海地区に居住することを計画し、公共施設やマンションの整備を進めている。

 今回の用地の西隣では、三菱地所レジデンスと鹿島が16年完成予定で49階建てマンション2棟(約1800戸)の建設に着手するなど大型開発の機運が高まっている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 13:42更新
9:41
東北 22日 20:18
21日 2:00
関東 2:22
2:21
東京 15:01
20日 21:50
信越 0:14
21日 2:00
東海 14:00
14:00
北陸 2:18
20日 21:30
関西 2:18
22日 20:27
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
12:00
11:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報