/

この記事は会員限定です

自販機、年1割の節電型に コカ・コーラ導入へ

13年度、100億円超で2万台

[有料会員限定]

コカ・コーラグループは2013年1月から、従来製品に比べ通年で約1割の節電につながる新型自動販売機の設置を始める。初年度は100億円超を投じ、節電に関心の高いオフィスや公共施設などに2万台以上配置する計画。自販機は小売店での販売と違って価格競争に巻き込まれにくい。設置台数が頭打ちとなるなか、省エネルギー型の投入で競合他社からの乗り換えを促す。

新型機は富士電機と共同で開発した。年間の消費電力量は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り628文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン