/

10歳の告訴能力を地裁が認め判決 姉妹わいせつ、懲役14年

10代の姉妹への強制わいせつ罪などに問われた住所不定、無職、田中実被告(43)の差し戻し審で、富山地裁(藤田昌宏裁判長)は14日、懲役14年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。当時10歳だった妹の告訴能力を否定し、懲役13年とした一審判決を名古屋高裁金沢支部が破棄し、審理を差し戻していた。

藤田裁判長は判決理由で「控訴審判決に従い、女児には告訴能力があったと判断した」とし、一審で棄却された起訴事実を認定。その上で「極めて自己中心的。姉妹は未熟な年齢で、心身の成長に多大な悪影響が懸念される」と述べた。

判決によると、田中被告は昨年、富山市のホテルで交際していた女(39)=準強姦ほう助罪などで懲役4年=の娘2人に乱暴するなどした。

強制わいせつ罪は被害者の告訴がなければ起訴できない親告罪。差し戻し審は一審とは別の裁判官が審理した。

富山地検の真田寿彦次席検事は判決を受け「女児の告訴能力を認めたのは当然の判断。本来なら(一審判決の)1月で決着していた裁判が11月までかかったことは遺憾」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン