低消費電力のスマホ用半導体共同開発 富士通・ドコモなど

2012/11/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士通とNTTドコモ、NECは共同で消費電力を大幅に抑えたスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)向けの新しい通信制御用半導体を開発した。米クアルコムなど他社製品に比べて消費電力が2~3割少ないのが特徴で、来夏をめどに国内外の端末メーカーに売り込む。通信の高速化や高機能化で同半導体はスマホ製造に不可欠の部品。スマホ向け半導体市場をほぼ独占するクアルコムに対抗し、日本勢で成長市場を取り込む。

新型…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]