四国地銀、中小支援への再生ファンド設立相次ぐ

2012/11/14付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

四国の地方銀行が相次ぎ、中小企業への経営支援策を拡充している。阿波銀行が11月中に企業再生のファンドをつくる計画を打ち出すなど、再生支援ファンドを通じた支援に取り組む動きが広がっている。各行とも2013年3月に中小企業金融円滑化法の期限が切れるのを見据えて、独自に引き続き融資先の経営を支える体制づくりに余念がない。

阿波銀行は円滑化法終了をにらみ、中小企業再生を支援するファンドを11月中につくる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]