/

この記事は会員限定です

四国地銀、中小支援への再生ファンド設立相次ぐ

[有料会員限定]

四国の地方銀行が相次ぎ、中小企業への経営支援策を拡充している。阿波銀行が11月中に企業再生のファンドをつくる計画を打ち出すなど、再生支援ファンドを通じた支援に取り組む動きが広がっている。各行とも2013年3月に中小企業金融円滑化法の期限が切れるのを見据えて、独自に引き続き融資先の経営を支える体制づくりに余念がない。

阿波銀行は円滑化法終了をにらみ、中小企業再生を支援するファンドを11月中につくる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り555文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン