/

20年五輪、機運盛り上げ 11日都内各地でイベント

2020年夏季五輪の開催を目指す東京招致委員会などは11日、来年9月7日の開催都市決定300日前を記念し、都内各地で一斉イベントを催す。会場には東京スカイツリーや渋谷ヒカリエといった集客力の高い場所を選んだ。年末年始にも予想される、国際オリンピック委員会(IOC)の支持率調査へ向けて機運を盛り上げていく。

渋谷ヒカリエでは11日から1週間、今夏のロンドン五輪で活躍した日本代表選手団の報道写真展を開く。女子サッカーの選手たちが表彰台で笑顔のシーンなど15点を展示する。観覧無料。

東京スカイツリーでは11日夜、五輪色(青、黄、紫、緑、赤)のライトアップを実施する。東京スカイツリータウン4階屋外では12日から約1週間、招致PR映像を放映する。三鷹市や新宿区でも関連イベントを開く。

招致委が定期的に実施する都民400人への支持率調査によると、招致への賛成は直近の10月中旬時点で67%と、ロンドン五輪閉幕直後の8月下旬の前回調査に比べて1ポイント増となった。招致委は「ロンドン五輪を機に高まった招致機運は今も継続している」とみており、節目のイベントでさらなる支持率の上積みを目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン