/

この記事は会員限定です

液晶パネルが5カ月ぶり反発 10月分、主力の32型

[有料会員限定]

薄型テレビ用の液晶パネルの主力、32型(蛍光管タイプ)の価格が5カ月ぶりに反発した。中国市場の販売が業界予想を上回ったことなどで現地の家電各社がテレビ在庫を積み増し始めた。パネルの大きさの細分化によってメーカーの生産能力が抑えられたのも供給過剰感が薄れる要因になった。

32型は大口需要家向けの10月分が1枚128ドルで前月より1ドル高い。過去最安値だった3月に比べ2%上昇した。42型も2カ月連続で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン