/

この記事は会員限定です

メガソーラー資金、住民から公募 スマートエナジー

[有料会員限定]

環境ベンチャーのスマートエナジー(東京・港、大串卓矢社長)は地域住民から資金を募りメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設する取り組みを始める。第1弾として高知県内で建設を計画する発電所の出資者の公募をこのほど始めた。非常電源として活用するほか売電収入の一部を出資者に分配する。地域のメガソーラーを建設しやすくする新たな資金調達の仕組みをつくる。

このほど設立した100%出資の発電事業会社を通じて、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン