北海道、節電だけで冬を越せるか(真相深層)
余力は火力1基分 需要分散は困難

2012/11/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

冬の電力需給を見極める政府の需給検証委員会の議論が続いている。焦点は寒冷な北海道。北海道電力の泊原子力発電所(北海道泊村)は運転停止が続いており、地元経済界は電力不足に危機感を強める。政府は一昨年比で7%以上の節電を道内に要請する見通しだが、節電だけでこの冬を越せるのだろうか。

寒さが厳しい冬の北海道では、暖房に使う電力需要が1日中続く。冬のピーク時の電力需要は夏を約15%(約70万キロワット)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]