2019年1月20日(日)

イプシロン、低コストで競争力

2012/10/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イプシロンロケットの最大の特徴は、低コストで人工衛星を打ち上げられることだ。日本が2006年に撤退した小型ロケット「ミュー5」の75億円に比べ、IT(情報技術)を駆使して最終的に4割以下に抑える。ただ小型ロケット市場はライバルがひしめき、楽観はできない。

初打ち上げのコストは地上試験費用を含めて53億円。JAXAは4号機以降に38億円、17年度以降は30億円以下とする青写真を描く。コストを30億…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報