/

この記事は会員限定です

亀田製菓、乾燥備蓄米最大手を買収へ 長期保存米飯など強化

[有料会員限定]

米菓最大手の亀田製菓は非常用の乾燥備蓄米(アルファ米)最大手の尾西食品(東京・港、尾西洋次社長)を買収する。備蓄食品は官公庁向けが中心だったが、東日本大震災後は企業や消費者向けに販売が拡大している。亀田は買収を通じて長期保存ができる米飯事業を強化し、米菓に続く収益源に育てる。

26日に発表する。亀田は年内に尾西食品と株式譲渡契約を結び、来年1月に尾西社長らから全株を取得、全額出資子会社とする。買収...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り307文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン