/

この記事は会員限定です

東電、一般社員も年俸制 人件費さらに100億円削減

役職者の年功部分なくす

[有料会員限定]

東京電力が2013年度に導入する人事制度が24日、明らかになった。仕事の成果に応じた賃金で構成する年俸制を一般社員全員に導入する。「チームリーダー」と呼ぶ一般社員の上級職については年功部分をなくし、役職に応じて賃金を決める「役割給」をとり入れる。総人件費を抑制しながら、やる気のある社員に報いるのが狙い。実力主義を徹底した人事処遇制度に変更し、経営再建を急ぐ。

24日までに新制度を労働組合に提案し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り658文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン