/

この記事は会員限定です

日本ハム、主力工場の能力2割増 加工食品の生産効率高く

[有料会員限定]

日本ハムはハム・ソーセージなど加工食品の生産効率を高める。第1弾として、主力の茨城工場(茨城県筑西市)に新型ラインを導入し、2014年4月に稼働させる。投資額は70億円。同工場の生産能力は従来の約2割増となる。15年3月期までの3カ年の中期経営計画で合計1千億円の設備投資を計画しており、今後も全国の工場で新型ラインの導入を進める。

新型ラインでは業務用のハム、ソーセージを生産する。従来は原料投入か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン