/

この記事は会員限定です

関西学院大、安全な避難所にアプリで誘導

[有料会員限定]

関西学院大学の巳波弘佳教授は地震時に大規模な通信障害が発生してもスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)を使い避難場所に誘導できるシステムを開発した。スマホに搭載された近距離無線「ブルートゥース」を利用。避難先の混雑状況などの情報を共有しながら刻々と変化する状況に応じて安全な場所に誘導する。スマホ向けアプリとして今年度中の実用化を目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン