/

この記事は会員限定です

中国地方のスーパー、低コスト戦略加速 パート比率上げ在庫減

[有料会員限定]

中国地方のスーパーがさらなるコストダウン戦略を急いでいる。ドラッグストアなど他業態が従来スーパーの得意としていた食品分野の品ぞろえを増やし、価格競争が激化。スーパーの利益率が伸び悩んでいるためだ。コストダウンの対象は人件費や商品在庫、店舗設備まで幅広い分野に及び、各社は知恵を絞っている。

人件費の上昇を抑制しようと動いているのがイズミ。足元では従業員の77%を占めるアルバイト・パートの比率を数年内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り528文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン