/

この記事は会員限定です

研究は打率1割でも大成功 山中教授の語録

[有料会員限定]

山中教授のこれまでの講演や受賞決定後の記者会見から発言をまとめた。

「野球は3割打つと大打者。でも研究は1割バッターで大成功だと思う。1回の成功は9回失敗しないとやってこない」(9日の記者会見で)

苦しむ患者の顔、思い出し仕事

「基礎研究は実際に病気で苦しむ患者の顔が見えてこないことが多い。でもiPS細胞は実際に難病患者から細胞をもらって研究するので、基礎研究でありながら一人ひとりの患者の顔を思い出しながらできる仕事」(8日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り308文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン