/

この記事は会員限定です

iPS細胞、医療の新時代開く ノーベル賞座談会

[有料会員限定]
 2012年のノーベル生理学・医学賞は京都大学教授の山中伸弥iPS細胞研究所長ら2人に贈られる。医療に新たな道を開くiPS細胞を作製した業績は、生物学の常識をも塗り替えた。岸本忠三大阪大学元学長、中村道治科学技術振興機構理事長、澤芳樹大阪大学教授、庄田隆第一三共会長による座談会を開いた。(司会は科学技術部長 鹿児島昌樹)=文中敬称略

岸本氏「教科書を書き換える成果」

――今回の受賞をどう見ますか。

中村道治・科学技術振興機構理事長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン