/

この記事は会員限定です

国産鶏肉の輸出を検討 生産者、相場低迷で危機感

[有料会員限定]

国産鶏肉の生産者らが輸出を検討し始めた。輸入品の増加などで需給が緩み、卸価格の低迷が長引いているためだ。韓国などアジア圏への輸出を想定しているが、アジア向け価格は国内向けより安いこともあり、実現への道は険しいとの見方も強い。

「需給引き締めになるなら、輸出もぜひ勉強したい」。鶏肉生産者や卸会社で構成する日本食鳥協会(東京・千代田)が8月に開いた「国産鶏肉輸出研究会」では、参加した鶏肉生産会社の出席...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り701文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン