/

この記事は会員限定です

日本車両リサイクル 富山県高岡市に鉄道車両解体工場

[有料会員限定]

日本車両リサイクル(富山県高岡市)は4日、高岡市に日本初の鉄道車両の解体工場を完成させた。まず試験解体用に西日本旅客鉄道(JR西日本)の客車3両を購入したのに続き、名古屋市交通局から地下鉄車両30~40両を買い取る。鉄道車両の解体は機械化が進んでおらず、人手や費用をかけていることが多い。日本車両リサイクルは費用面や環境負荷低減メリットを訴えながら、引き取る台数を増やす。

工場は2008年9月閉鎖し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り903文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン